プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸の違いと効果を比較!

2秒でわかる!プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸の違い

●プラセンタ・・・アンチエイジング全般(美白効果もあり)
●コラーゲン・・・ハリ・弾力
●ヒアルロン酸・・・保湿

というのがよく名前を聞く美容成分だけれどもその効果の違いについてはいまいちよくわからないといわれるプラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸の美容効果です。

いずれも基礎化粧品はもちろん、サプリメントやドリンク、ゼリーといった商品にもよく配合されているので、お肌につけるだけでなく、経口摂取できるという共通点があります。

プラセンタの働きを詳しく解説!

プラセンタは、アンチエイジング成分の代表選手です。

美容外科や皮膚科ではエイジングケアの方法としてプラセンタ療法というものがあり、プラセンタ注射やサプリメントが処方されていますし、内科や皮膚科では、 肝機能障害や更年期障害といった疾患に対しても効果があるため医薬品としても使用されています。

プラセンタ(胎盤)には命を育むアミノ酸・核酸・酵素・ビタミン・ミネラル・活性ペプチドといった栄養成分と、細胞を活性化する成長因子などが含まれているため、 それらの成分を取り込むことで肌がきれいになるだけでなく、加齢やストレスでくたびれた身体に元気を取り戻せますし、継続的に摂取することで、エイジング効果も期待できます。

さらに女性にとってうれしいのは、プラセンタには内分泌系の乱れを調整する働きがあるため、女性ホルモンのバランスの乱れを整って、生理痛や生理不順、PMSなどの重い症状の緩和や改善も役立つということです。

医療現場などで肝障害や更年期障害の治療で用いられるプラセンタはヒト由来のもの、化粧品やサプリなどに配合されているのは豚由来や馬由来のものが多いという違いがあります。 効果が高いのはもちろん医療機関でのプラセンタ注射ですが、サプリの効果も即効性はありませんが、継続することで違いを実感できるはずです。

コラーゲンの働きを詳しく解説!

コラーゲンはお肌のハリや弾力を支える弾力成分であり、保湿成分として水分保持力も非常に高い成分です。とはいっても世間一般にはたるみ改善に効く美容成分ということで保湿成分としてはあまり知られてないはずです。

コラーゲンは、体内に存在するタンパク質の一種で、皮膚のほか骨や髪の毛など体のいろいろなところに存在しています。皮膚においてコラーゲンは非常に弾力に富んだ繊維状をしており、細胞と細胞をつなぐ重要な働きをしています。

肌のハリや弾力といったものはこのコラーゲンの働きによるもので、加齢や紫外線ダメージによってコラーゲンが働きが弱まるとハリや弾力が失われてシワやたるみの原因になります。

コラーゲンは年齢を重ねるごとに減っていくこともあって、粉末やドリンク、サプリメントから食事では補えない分を補う人が増えています。ちなみに美容のために必要なコラーゲンの1日の摂取量は5,000r以上です。

現代人の食事では、1日の目標摂取量までにおよそ1,800〜3,000r程不足しているといわれているので、ドリンクやサプリで補うのは正しいといえます。

ヒアルロン酸の働きを詳しく解説!

ヒアルロン酸は、素肌そのものの保湿力を高めてくれる成分です。もともと体の中に存在する成分で関節の摩擦を防いだり、皮膚の水分を保持する役割を果たしています。

加齢による乾燥肌は肌の水分を保持するセラミドやヒアルロン酸といった成分が減少してしまうことが影響していますので肌が乾くという人は年齢とともに減少してしまう 肌の保湿成分「セラミド」「ヒアルロン酸」といった成分が配合されている保湿化粧品やサプリ、ドリンクを選ぶようにしましょう。

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2013 プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸の違いと効果を比較!. All Rights Reserved.